未来への貢献プロジェクト K.cafe とは?

Pocket
LINEで送る

はじめまして。「未来への貢献プロジェクトK cafe」です。

私たちは主婦友だちの集まりで、自分たちが住む地域や未来世代のために、大人としてできることをやっていこうと考え、平成27年10月にグループを立ち上げました。

グループを立ち上げようと思ったきっかけ。

それは昨年、国会で審議され、平成27年9月19日に強行採決されて成立した「安保法」でした。

法案が審議されていた7月頃、あちこちでデモや署名をしている様子がテレビやネットで流れているのを見て、なんだろう・・・疑問に思って、自分なりに調べてみるといろんなことが見えてきました。

戦後70年間、一度も戦争をせずにきた日本。

第二次世界大戦後、日本国は人を殺めることをせずに、戦争のない状況を保ってきた。

そのおおもとは日本国憲法であること。

安倍政権は憲法の精神を無視し、戦争の道を開く「安保法案」を無理やり通そうとして、その強引なやり方に反発し、断固反対する意見がある一方で、「ネトウヨ」(ネット右翼)からは安倍さんが熱狂的に支持されている。

世論が二極化しているようだけれど、しかし実際はどこに向かえばいいのかわからず迷っているように見えました。

詳しいことはよくわからないけれど、今まで当たり前と思ってきた「平和」な世の中に大きな変化が生まれ始めていることを感じました。
そして、「なんだかわからない」という理由で、無関心なままにしておくことはできなくなりました。

日々、目の前のことで精いっぱいな自分たちだけど、居心地が悪くなりつつある世の中のことをどう思っているのか、お茶しながら友だちにぶつけてみると、みんな同じように、見えない不安と「このままほおってはおけない」という意見で一致しました。
お茶しながら、私たちが一番に考えたのは未来世代である子どもたちのこと。子どもをとりまく環境や状況について話しながらいろんな分野に話が広がり、キーワードを書き出してみました。

・・・「いのち」「環境」「家庭」「語る」「考える」「気づく」「優しさ(kindness)」・・・・特に意識したわけではなかったけど、日本語、英語を混じりつつもこれらの言葉の多くに「K」がつくことに気づきました。 そして、これらのアイデアはさまざまな価値観を持つ同士が「対話」をして出てきたものでした。

文字通り、カフェでコーヒーを飲みながら、対話の中から出てきたアイデア・・・。
偶然見つけた「K」と「cafe」を合わせた「K.cafe」と名付けて、多くの人と語り合いたいなあと思うようになりました。

私たちは、未来世代へできる貢献の最も大きなものは、「平和」な世の中をバトンリレーすることであると考えます。

今までは何も考えなくても、何もしなくても目の前にきた「平和」というバトンは安全で安心できる素晴らしいものだったけれど、今は、「平和」のバトンそのものやバトンの渡し方、守り方を変えようとしている。
ルールが変わるかもしれない時に、多くの考え方を互いに語り合いながら、共有や一致を見出すことが大事ではないかと考え、ならばいろんな話題を対話の種にして、理解や協働、一致を見いだせるような場を作りたいと考えています。

主婦の寄り集まり、カメの歩みの私たちですが、ぜひご一緒にお茶しながら語り合いたい、そして私たちが暮らす板橋から、穏やかで安心できるあたたかい場所が広がるよう、一緒に歩み作っていけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

マインドマップ K.cafe マインドマップ