2018.5月の子育てあるあるcafeは、あったかカフェ!

2018.5月の子育てあるあるcafeは、あったかカフェ!

Pocket
LINEで送る

こんにちわ。

もう、すっかり2018年も半分くらいまで来ました。

東京は今日か明日には、梅雨入りとか。お湿りが続くと

いかにもニッポンですが、少々、鬱陶しくもあります。

せめて気持ちだけでもさっぱりと過ごしたいものです。

さて、今年のkcafeは始動がゆっくり目でスタート。今年はメンバーも忙しくて

ムリせず、慌てず、コツコツ活動です。

5月16日、カフェを開催しました。今回は、子育てcafe。

すみれママの会から「子どもに学ぶ家庭教育」学びました。

今回の目玉は、なんといっても講師さんが現役の子育てママ。

子育ての失敗談も成功談も、実感こもっててとっても楽しくて、

フッと楽になる瞬間いっぱいのあったかカフェでした。

 

子どもに学ぶ、素敵なお母さんとは・・・こんなことに心を向けるおかあさんということでしたよ。

○肌のふれあい・愛の充電

そっと抱きしめてあげることから年齢に合わせて、握手・・・

子どもの成長に合わせつつ、肌のふれあいを持つことが子どもの気持ちを安心させるもの。

まさに<愛の充電>

 

○笑顔のふれあいと言葉のふれあい

温かい心、優しい眼差し。ほんのちょっと意識して、やってみると思った以上にいい関係が築ける!

親は親の立場でしか、子どものことはわからない。だから親が子どもの目線に立って考えていく。

親から見ると<こうしよう、ああしよう>と思うこともいっぱい失敗させてあげて、

「がんばってみよう」と思って努力した姿勢を讃えて認めていくことがとっても大切。

 

○子どもの姿から自己反省するお母さん

問題が起きたとき、つい人のせいにしてしまいがち。

そんなときに「どうしてこんなことしたのかな」「どんな思いだったんだろう」

と子どもの姿から察知することでそれはヒントになる。

善悪を脇において、子どもの心を汲み取っていくのが子どもに学ぶこと。

 

○百の聞くより、一の実行

長所を伸ばそうとしていると、短所は気にならない。能力を引き出すお母さんになるには

短所を言い換えていくことがヒント。

 

こんな風に、子どもに向き合って、子どもと一緒に成長することが

お母さんの人生を豊かにするなあと感じました。

また、開催したいと思います。