ほのぼのとしたバレンタイン!

ほのぼのとしたバレンタイン!

ほのぼのとしたバレンタイン!

Pocket
LINEで送る

こんにちわ!2月14日はバレンタインデーでしたね。

<バレンタインデー>といえばチョコ。そう、一年の中でも一番チョコレートが売れる時期がこのバレンタインデーのある2月というのは有名な話。

で、女子がいる我が家も類にもれず、手作りチョコが作られまして・・・いわゆる友チョコ。ふりかえってみると、我が家の女子は小学校2年だか、3年くらいから友チョコ作りが始まったように記憶しているけれど、毎年同じものを作っていなくて、彼女なりにいろいろと工夫しているよう。

ちなみに今年は「ガトーショコラ」に挑戦。といっても前日まで作る気配が見えず、口では「作るよ」と言ってるけどチョコを買いに行くでもなく、レシピを調べるでもなかったので、「やらないのかな・・」と半ば聞き流していた。が、朝になって「チョコレート作る」宣言!買い物に行き、お昼過ぎから作り始めた。

私は、仕事の宿題を持ち帰っていてそれをやるので精いっぱい。早々に「今日はお手伝いできないよ」と、やんわりと一人で作る方向へ向けさせたのだった。母としては、本人がその気になってやっていることを通して、自分で最後までやり抜く体験ができるいい機会になってくれればと願って、目は離さず、しかし手は出さずでいこうと決めていた。

女子、手助けがなく根をあげるかとも思ったが、見守っていた父を助手に!作り始めた。

そんなこんなではじまると、次々にやる順番を確認しつつ、入れるものの準備ができていない・・・といった具合で、「ママ~」と助けてコメントが入るので、思わず「大丈夫かー」と声を掛け、手を出してしまうところをぐっと我慢して、「がんばりや~」と応援コメントだけして、私は宿題に集中。(それでも、一箇所だけお手伝いしちゃったけど・・・)女子は父のサポートもあり、なんとか「ガトーショコラ」を完成させた。

途中、私は出かけて家をあけていたが、ちょうどチョコができあがった頃に家に戻ってきた。どうなったかと思っていると、女子いわく、「もっとふくらむはずなのに」と。そこにすかさず助手の父が「材料の分量が少なかったんじゃないのか?」と主張。どうも思い描いていたものとは少々違った様子。確かに、ふくらまなくて紙コップの3分の1くらいまでしかないショコラ。どうやら、エコクッキング、ヘルシークッキングになった感じが・・・

ほのぼのとしたバレンタイン!

見た目にも少ないことは明らかで、どうにかできないものかと思案したあげく、紙コップの上の部分をギザギザ歯のはさみでカットしてラッピング。なんとか形も整い、完成したのだった。

さて、出来上がった友チョコ、女子は日頃からお世話になっているKcafeスタッフへ差し上げたいとお届けに。喜んで受け取ってもらい、女子、満足げに自宅へ。家に帰りつき、「美味しかったよ!」のLINEメッセージとスタンプのご満悦の女子だった。お友達には一日遅れの友チョコを渡すってさ。

ほのぼのとしたバレンタイン!

一つひとつ、気持ちのこもったチョコ。けっして順調に仕上がったわけではなくて、途中で気持ちが折れかかったこともあったようだけど、今年は自分で最後まで作れた。

よくがんばったね。お疲れちゃん!

この写真は、スタッフがいただいたおすそ分け♪

この写真は、スタッフがおすそ分けにいただいたもの♪